HOME
院内風景 ごあいさつ アクセス 診療日カレンダー
歯周病 小児歯科 インプラント 小矯正

宮前通り東歯科 小矯正

 

小矯正: MTM(Minor Tooth Movement)とは?

小矯正とは、動かす歯を1~2本に限定して矯正治療を行う方法(部分矯正)です。

通常の矯正では多数の歯を動かすため、治療には最低でも2~3年以上の歳月を必要とします。しかし、小矯正(MTM)と補綴処置(被せ歯や入れ歯など)を組み合わせれば、半年程度で満足のいく結果が得られるのです。

また、歯を抜く、削る、神経を取るというような「歯への侵襲」が最低限で済むという利点もあります。 短期間で矯正をしたい…抜歯はしたくない…というあなたへお勧めの治療法です。

 

 

小矯正の特徴

自分の歯を出来るだけ残して、削ったり神経を取ったりすることを最小限に止めることができるMTMですが、この方法は全ての症例に有効な治療法ではありません。MTMは、補綴治療(クラウンやブリッジの治療など)やインプラント(人工歯根)治療を行う際に歯の位置や傾斜などの歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間があいている前歯を移動させたり、傾いている歯をまっすぐに修正する場合に有効な治療法です。 動かす歯を数本に絞り込みますので半年という短期間で矯正を行うことが出来ます。また、年齢に関係なく施術することが出来ます。 何より、本来であれば抜かなければならないような歯を最大限に生かして、出来るだけ永く使えるようにする点がMTMの大きな特徴です。

 

 

小矯正の適応
  • 前歯の審美障害
    前歯にゆがみや隙間があり、見た目が悪くて気になる方や歯が前に出てきた方で、前歯の歯並びを治す場合にMTMの適応がございます。

  • 傾斜した歯の矯正
    歯が抜けたままにしておくと、隣の歯が倒れてきます。通常の矯正治療ですと、倒れている歯の神経を取る場合もあるため歯の寿命を大きく縮める危険性もあります。
    MTMによって倒れている歯を起こす場合には歯の神経を取らずに済む場合が多く、その結果、御自身の歯を長持ちさせることが可能です。

  • 補綴処置やインプラント治療の補助
    セラミック補綴やインプラントを埋め込む前にMTMを行うことで、抜歯や抜髄を避けて最低限の矯正処置で効率的に治療を行うことが出来ます。


この他にも「ねじれた歯の修正」や「埋まっている歯を引っ張り出す」など、部分的な矯正範囲で最大限の効果を得ることができる治療方法です。 もちろん、全ての症例に適応できるわけではありませんので、まずは無料カウンセリングへお越しください。