HOME
院内風景 ごあいさつ アクセス 診療日カレンダー
歯周病 小児歯科 インプラント 小矯正

宮前通り東歯科 マイクロスコープ

 

マイクロスコープでより高度な歯科治療を

マイクロスコープを使用すると肉眼でも拡大鏡でも見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面など様々なお口の中の状態が手に取るように確認することが出来ます。これにより精度の高い診断や治療を提供する事が可能となりました。また、ビデオモニターにて観察、記録ができますので、安心して治療を受けて頂くことができます。

 

マイクロスコープの主なメリット

  1. 診断がスムーズになる
    肉眼では見えない、歯に入っている小さな亀裂、神経の取り残しなどを見つけることができます。
  2. 虫歯の再発が少なくなる
    精度が高いので、プラークの沈着が少ない
  3. 最小限の切削で治療が可能になるため、歯の寿命を延ばすことができる
    治療箇所を大きく見ることができるので、歯を削る場合に最小限に抑えることができます。
  4. 手術後の治りが早い
    外科処置において最小限の切開で手術が可能になります。
    また精度が高いので手術によるダメージを小さく抑えることが出来る為、手術後の治りが早くなります。

 

宮前通り東歯科 ルーペ

 

当クリニックが考える、診療精度向上に。

歯科用ルーペの導入により、肉眼では決して見ることの出来ない凹凸や隠れた根管などを見つけることができるようになり、結果として診療の精度を大きく向上させることが実現いたしました。

これからも、患者様のことを第一に考え、このような取り組みを継続して行い、皆様と、皆様の歯の健康について真剣に取り組んでまいります。

マイクロスコープよりも拡大率は落ちるものの、機動性に優れるため術者が任意の方向から拡大して観察が可能です。そのため、一般的にはルーペを使用することが多くなります。しかし、より精度を必要とする場合は、マイクロスコープに依存することも多くなります

 

 

宮前通り東歯科 MI

 

MIってなに?

M.I.』とは『ミニマルインターベンションMinimal Intervention)』の略で、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法です。近年では2000年『国際歯科連盟』によって提唱された『M.I.』の治療法が大きく浸透してきています。出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、生まれもった歯を出来るだけ残して、歯の寿命を長くすることをコンセプトとしています。

 

早期の治療が大切です。

歯にとって一番良いのは、もちろん、歯の治療をせずにすむことです。ですから歯の治療を防ぐには、予防処置が大切となってきます。

例えば、定期健診や口腔検査を受けて、自分の口腔状態を把握するのが良いのではないでしょうか。自身の口腔状態を把握すると、早い段階で『虫歯の発見・早期処置』が可能となります。『歯が痛くなってから治療する』のではなく、『歯が悪くならないように予防をする』と言う考えを持って、自己ケアをする事が大切です。

また、マイクロスコープやルーペを活用しM.I.を実践していくことで、今までよりも自然な歯本来の質感を再現できるようになりました。審美修復と言われ、ダイレクトベニアもその一つです。一般的につめる治療で使用される樹脂ではなく、数種類の色や透明感の違う専用の樹脂を積層してつめることで歯に近い色合いを再現できます。
他にも審美治療のページに症例がありますので興味のある方はご覧下さい。