HOME
院内風景 ごあいさつ アクセス 診療日カレンダー
歯周病 小児歯科 インプラント 小矯正

宮前通り東歯科 歯周病について

 

歯周病とは

 

歯周病は成人の80%が罹患している生活習慣病であり歯垢中の細菌が歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に入り、歯茎に炎症を引き起こし、さらには歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気で、自然に治ることはありません。

歯周病には大きく分けて二つの段階があります。一つは歯肉炎と言われ、歯茎にのみ炎症が存在する場合で、この状態であればもとの状態に回復することが可能です。もう一つは歯肉炎よりもさらに病状が進行して炎症によって歯槽骨が解けてしまった状態(歯周炎)で、いわゆる歯槽膿漏と言われる状態です。この状態になると病状は治癒して炎症のない歯茎に回復しても、一度無くなってしまった骨をもとの状態に回復することは今のところで来ません。(再生医療によって部分的に骨を回復することはできますが、もとの状態に戻る訳ではありません。)正しい歯周病の予防法や治療法を理解し、永くより健康な状態を保っていく事が大切です。

 

歯周病の原因とは

 

歯周病も虫歯と同じ感染症で歯周病菌により引き起こされており、細菌を媒介するのがプラーク(歯垢)です。歯周にこのプラークが付いていないこと、あるいは歯石がついていないことが歯周病を起こさないためにはまず重要なのです。

プラークは歯ブラシで落とすことが出来ますが、歯石は石のように硬く、なかなか歯ブラシでは落とすことができません。ですから歯石を取るには特殊な器具が必要です。プラーク(歯垢)や歯石をそのままにしておくと歯周病菌が増殖してしまいます。そうならないためにも定期的(半年に1度)に歯科医院でプラーク(歯垢)、歯石をとるようにしてください。また、他にも歯周病を起こす原因があります。「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」などであり複合的に関与し歯周病の発症と進行をもたらすといわれています。

 

3DS

 

口の中には数多くの種類の細菌が存在します。その中でも病原性のある細菌は数種類と言われています。常在細菌には種類と数にバランス(口腔細菌叢)があり、人によってそのバランスは異なっています。病原性細菌の割合が多い方は虫歯や歯周病になりやすい状態と言えます。従って、口腔細菌叢が薬や装置で改善されると、虫歯や歯周病は大幅に抑制できると考えられています。しかし、細菌はバイオフィルムといういわば防護壁を形成しているため通常のうがいや洗口ではバイオフィルムの中まで薬が浸透せず、また、作用している時間も極短い時間になってしまいます。さらに、唾液によって薬の濃度も薄くなってしまいますので、病原細菌に効果的に作用させることができなくなってしまいます。それを改善するための方法が3DS(Dental Drug Delivery System)です。まず、お口の型をとり、できた模型で専用のマウスピースを作製します。専門的な口腔清掃(PMTC)によりバイオフィルムを破壊した後、できたマウスピースに薬を入れて装着していただくことで高濃度の薬を長時間効率よく作用させることができるようになります。