HOME
院内風景 ごあいさつ アクセス 診療日カレンダー
歯周病 小児歯科 インプラント 小矯正

宮前通り歯科 小児歯科

 

たいせ<空>

 

乳歯はどうせ生え変わるものだから虫歯になっても平気だと思っておりませんか?乳歯は永久歯が生えてくるまでの場所取りの役目をしていますから、虫歯になって削ったりしてしまうと永久歯の生えて来る場所が狭くなり、歯並びが乱れてしまいます。また、乳歯の周りに広がった虫歯菌が、すぐ下にある永久歯を傷つけてしまい、永久歯の形や色に問題が出ることもあります。虫歯の原因は、歯磨き、おやつ、歯の質に影響があります。

当院では、お子さん一人ひとりの発育具合や歯並びに合わせて、歯磨き指導や、お母さまの仕上げ磨き指導、衛生士によるおやつ指導を行っております。また、歯の質を強くするフッ素を定期的に塗ることによって、歯の丈夫な、健康で元気な子供を、発育のお手伝いが出来ればと思っております。

歯の溝が深い所はシーラントで予防することもあります。



決してそのままにしないことが大切です。

 

乳歯から永久歯への生え変わりが始まると、永久歯の位置がずれていた場合、乳歯が抜けにくくなり、いつまでも居座り続けることがあります。そのままにしておくと、永久歯が、抜けにくくなっている乳歯を避けるようにして、正常ではない位置に生えてきたりしますので、3カ月に1度ずつ定期的に検診して、乳歯から永久歯への生え変わりをサポートしていきます。もし、位置がずれて生えてきてしまった時は、簡単な矯正治療で、早めに永久歯が生えてくる位置を改善していきます。早期に乳歯を失ってしまった場合には予防矯正の装置(RSM・・・取り外し式の小児用義歯)を使用する場合もあります。乳幼児期にほ乳ビンに大人が付けたり、スプーン、歯ブラシ等を大人と共有すると虫歯等の母子感染する可能性がありますので気を付けてください。

 

 

交合誘導

 

乳歯から永久歯に生え変わる時期(混合歯列期と言います)に、生え変わりのちょっとしたお手伝いをしてあげると歯並びが整いやすくなることがあります。将来、全く矯正が必要なくなるとは限りませんが、交合誘導しなければ高確率で矯正が必要になったり、交合誘導しなかった場合より以後の矯正が遥かに楽になることが多いです。気になる方は、ご相談ください。