HOME
院内風景 ごあいさつ アクセス 診療日カレンダー
歯周病 小児歯科 インプラント 小矯正

宮前通り東歯科 審美補綴

審美治療とは?

歯並びがキレイだと、お顔の表情も明るく若々しく見えます。

審美補綴とは、かぶせ物(メタルボンドやラミネートベニア)により、歯並びや色を綺麗に見せる治療です。

矯正治療と比較し、短期間で綺麗に見せる事ができます。

症状の程度により、歯を削ったり神経の治療が必要な場合もあります。

 

 

審美補綴(しんびほてつ)

  1. メタルボンド

    メタルボンドとは中身が、金属で、外から見える部にだけセラミック(陶器)を貼り付けた(被せ物・差し歯)のことです。見た目が美しく変色しないのが特徴。強度も強く歯科治療では人気です。中に入れる金属を貴金属にすると、更に質がよくなり、歯茎の変色やアレルギーが少なくなります。また、セラミックの材質はプラークがつきにくいため歯磨き等の手入れが簡単になります。
    症例写真 メタルボンド

  2. オールセラミック

    メタルボンドと同様の場合に用いる治療法です。歯を全周削って被せる場合に用いるものですが、メタルボンドと違い内側に金属をいっさい使用せず、セラミックのみで歯を作ります。金属を使用しないので歯の透明感が出しやすくメタルボンドよりも色調が良くなります。また、金属を使わないので金属アレルギーの可能性は全くありません。

    症例写真 メタルボンド
  3. ジルコニアオールセラミック

    メタルボンドの内側に使う金属の代わりに、ジルコニアという白い強度のある材質を使用し、その上にセラミックを貼付けます。メタルボンドの強度とオールセラミックの美しさの両方の良い点を兼ね備えたものです。ジルコニアは加工が難しいため製作に時間がかかる場合が多いです。
     

審美修復

  1. セラミックインレー

    セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物)で出来た詰め物(インレー)です。
    歯の向き・形・大きさ、歯の色を希望通りに治すことができますので、違和感のない自然な仕上がりです。

    症例写真 セラミックインレー

  2. ダイレクトベニア

    セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用します。
    数種類の色合いや透明感の違う特殊な樹脂を使用することで歯にとても近い色合いを再現できます。

    症例写真 ダイレクトベニア

  3. ラミネートベニア

    歯の表面を必要に応じて一層削り、セラミックをはりつけて歯の色や形態を美しくする方法。主に前歯に行います。
    ほとんど歯を削らないか削っても一層にとどめることができるため、全部被せるものよりも歯にとって優しい治療になります。

    症例写真 ラミネートベニア

審美修復治療

審美治療には、様々な組み合わせがあります。
それぞれの特徴を活かして、患者様に最適な治療法を提示させて頂きます。
下記症例は全顎に審美治療を組み合わして治療しております。



症例写真 審美修復治療

 

 

宮前通り東歯科 ホワイトニング

 

ホームホワイトニング

 

ホームホワイトニングは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。最初に歯科医院で歯列にあったマウストレーを作製します。あとはご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニング効果が得られます。

 

ホワイトニング イメージ画像ホームホワイトニングのメリット

  1. 薬剤の刺激が少ない。
  2. 歯科医院での治療時間が短く、通院回数も少なくできる。
  3. 高額な機器を必要としないため、費用を低く抑えられる。
  4. 白くなりにくい歯でも、長く使用することで白くできる可能性がある。
  5. 後戻りが少ない。

 

ホームホワイトニングのデメリット

  1. 効果が現れるのが1週間~1ヶ月と時間がかかる。
  2. 人によっては、トレー装着に違和感を感じる場合がある。
  3. 毎日ある程度の時間を装着しなければならないので、続けるのに根気が必要。
  4. 白くする度合いをコントロールしにくい。
  5. ちゃんと歯の清掃ができているのか、薬剤を誤って使用していないかなどを判断できない。

 

オフィスホワイトニング

 

歯科医院で行うホワイトニングです。

ホワイトニング効果のあるジェルを歯に塗って、光を当てることによって活性化させ、歯の黄ばみを分解していきます。

 

 

ホワイトニング イメージ画像オフィスホワイトニングのメリット

  1. 歯をちゃんと清掃した状態で行うことができる。
  2. 1回~数回の来院で白くすることができる。
  3. 歯の白くする度合いをコントロールできる。

オフィスホワイトニングのデメリット

  1. 1回の治療時間が40~60分かかり、比較的長い時間を要する。
  2. 高額のレーザーや光照射器を用いるため、費用が高くなりやすい。
  3. 高濃度過酸化水素を短時間に用いるため、歯の表面の変化が大きく、
    再着色により、透明感が失われたりすることがある。